ハーブテー・herb teaとは amoma

ハーブ・ティー
herb tea 香草(ハーブ)を利用した飲み物です。

ミルクアップブレンド,ハーブテー

 

ハーブとは香草や植物の茎、葉、花などの事

香りがよくて人々の生活に役だつ有用な植物をいい

 

香草としてお料理の風味づけなどに用いるほかに、
古く(紀元前)ヨーロッパで葉から煎(せん)じて
薬として飲用してきたことでも知られています。

 

近年、樹木の葉や花・果実なども含め、嗜好品と
して湯で浸出したり煎じて飲むモノもハーブ・ティ
と称しています。

 

ハーブ・ティーは健康飲料として紅茶やコーヒーが
普及している現在でも、世界各地で飲まれています

 

 

ハーブ・ティーには多くの種類があり香草の代表的

 

なものとしては、下記のようなハーブがあります

 

 

(1)セージ 葉を乾燥した物
ミルクアップブレンド,ハーブテー
肉料理のスパイスとして欠かせない、古くは重要な
治療薬として用いられていた。消化を助けて、健康
維持によいとされています。

 

 

(2)ローズマリー 花や葉を乾燥した物
ミルクアップブレンド,ハーブテー
古代、頭脳を明晰(めいせき)にする働きがあると
思われていたようです。浸出液は神経を安定させ
たり、口臭を防止するとされています。

 

 

(3)リンデン ボダイジュの花を乾燥した物
ミルクアップブレンド,ハーブテー
ヨーロッパでも一般化している飲料で、この浸出液
は、神経を鎮めて安眠を誘ったり、風邪をひいた時
発汗の働きをするといわれています。

 

 

(4)ペパーミント セイヨウハッカの葉や花を乾燥した物
ミルクアップブレンド,ハーブテー
浸出液はハッカ特有の爽快かんがある。精神安定、
発汗、健胃などに役だつと言われています。

 

 

(5)カモミール キク科の植物で花を乾燥させた物
ミルクアップブレンド,ハーブテー
ヨーロッパではハーブ・ティーとして古くから飲用
されてきた飲み物。精神安定、健胃、風邪のときの
咽の痛みなどにいいといわれています。

 

 

(6)ハイビスカス 同属のローゼルの肥大化した萼(がく)を乾燥した物
ミルクアップブレンド,ハーブテー
浸出液は赤いハイビスカスの色をしています。
クエン酸などを含むため浸出液は酸味があります。
咽の渇きをいやしてくれたり、神経を鎮める働きが
あるとされています。濃厚な肉料理のあとに飲むと

 

口中がさっぱりします。

 

 

その他に、
ローズヒップ(ノイバラの果実)
ローズ(バラの花)
サフラワー(ベニバナの花)
ガーデニア(クチナシの実)

 

など多くの種類があります。ハーブ・ティーは、
乾燥した物を1種あるいは数種をブレンドし熱湯で
浸出したり、あるいは煎じて飲むもの。

 

ティーバッグになったものも多くあります。
生葉を使うフレッシュハーブ・ティーなどもあり
健康のためには1日に2、3回飲用するとよいと云わ

 

れています。
体質・体調にあわせてその量や回数を加減する事が
健康のため大事である。

 

 

ミルクアップブレンド,ハーブテー

 

だから、ミルクアップブレンドはおすすめ


TOP AMOMA アモーマとは 添い乳 マタニティブレンド